アプセット鍛造

Upset forging

そのシャフト、削ってませんか?

そのシャフト、削ってませんか?

「削り出すのはもったいない!!」

ミヤジマ式弁棒鍛造
(特許:第209965号)で、

コストダウン・納期短縮

してみませんか?

鍛造なのに金型レス?!
イニシャル不要?!

対応領域

サイズ・径 Φ20~Φ150
※上記範囲を超える製品でも、鍛造メーカー同志のネットワークで、外注対応させていただきます。
フランジ径 最大Φ300位(先端でも中間でもOK)
長さ 最大3400L

対応素材一覧

構造用鋼 普通鋼 SS400
炭素鋼 S25C、S35C、S45C、S55C
クロム・クロモリ鋼 SCr420H、SCM415H、SCM420H、SCM435H、SCM440H、SCM822H、SCMH1、SNB7
ニッケルクロム鋼
ニッケルクロモリ鋼
SNC631、SNC815、SNCM220H、SNCM420H、SNCM439、SNCM616、SNCM625、SNCM630
非調質鋼 GNHF2、SBMA740、SVDT38
窒化鋼 SACM645
マンガンクロム SMnC443H
ステンレス オーステナイト系 SUS303、SUS304、SUS304L、SUS309S、SUS310S、SUS316、SUS316L、SUS321、SUS347
オーステナイト
フェライト系
SUS329J1
フェライト系 SUS430
マルテンサイト系 SUS403、SUS420J2、SUS431、SUS440C
析出硬化系 SUS630
耐熱鋼 マルテンサイト系 SUH3、SUH600
オーステナイト系 SUH31、SUH660
工具鋼 SKD61、SK3、SKS93
バネ鋼 SUP9、SUP12
軸受鋼 SUJ2、SUJ3
超合金 ニッケル合金 Carpenter20、DS alloy 20、DS alloy HB
ハステロイ Hastelloy B、Hastelloy C-276
インコネル Incoloy 800、Incoloy 825、Inconel 600、Inconel 625
モネル Monel 400、Monel K500
銅・銅合金 C1100、C3771(BSBF)、C6191(ABB)
アルミ A6061、A6063
チタン Ti2(TB340)純チタン
ピニオンシャフト
製品名 ピニオンシャフト
素材 SCM420H
サイズ Φ140×700
ロット 100本
特徴 軸部ストレートで抜け勾配なし!
製品名 アクスルシャフト
素材 S45C
サイズ Φ80×800
ロット 500本
特徴 フランジ部Φ260
製品名 長尺ピストン
素材 SUS420J2
サイズ Φ120×2800
ロット 10本
特徴 モデルの身長170cmです(笑)
製品名 バルブ弁棒
素材 SUS403
サイズ Φ50×1200
ロット 40本
特徴 つば部は角型

コストダウン事例

丸棒からの削り出し

製品 産業機械用シャフト部品
材質 SKD61
ロット数 10本
サイズ Φ200×744
重量 184kg(素材重量)

材料価格(参考):120,000円/本(184kg)
+切削加工費

ミヤジマ鍛造

材料コスト33%削減!!

材料重量52%削減!!

加工時間大幅短縮!!

価格(参考):75,000円/本(99kg)
材料、鍛造、熱処理、納品まで一貫生産

ミヤジマのアプセット鍛造は
ここがスゴイ!

Point 1削り出すのはもったいない!ミヤジマ式アプセット鍛造で大幅コストダウン!!

Point 2型費「0」でアプセット鍛造可能!

Point 3ステンレス、鋼、アルミなど様々な素材に対応可能!

ミヤジマが超短納期な理由

一般的な製造工程の場合

金型製作

金型屋

A社

3~4week

鍛造

鍛造屋

B社

2~4week

熱処理

熱処理屋

C社

1week

切削加工

削り屋

D社

2~3week

トータルで2カ月~3カ月くらい
かかってしまう・・・

ミヤジマの場合

金型製作

2week

鍛造

1week

熱処理

1week

切削加工

2week

すべて社内で一貫生産!

ミヤジマなら、
最短1.5か月で対応?!

※条件がベストマッチした場合の納期目安です。

  • ・鍛造のみなら、1week
  • ・鍛造+熱処理でも、2week
  • ・切削加工入れても、4week
  • ・型を作っても1.5か月

ミヤジマ式弁棒鍛造方式
(特許:第209965)

削りだすのは勿体ない

先端や中間にツバ(フランジ)のある製品を、丸棒から削り出して製作しておられるシャフトはございませんか?
もしございましたら、是非一度お引合下さい。ひょっとすると大きなコストダウンが出来るかもしれません。

ミヤジマ式弁棒鍛造

当社の特長は何と言ってもミヤジマ式弁棒鍛造方式(特許:第209965号)です。
本方式は、汎用金型を多数用意し、それを組み合わせて鍛造することで、金型代は不要または必要最小限ででき、ロットも小数から対応できます。
(例えば鋼の場合、目安として300kg以上あれば必ずメリット出ます。)

材料加熱

①材料加熱

ドロップハンマにセット

②ドロップハンマにセット

シャフト成形完了

③シャフト成形完了

コストの大幅ダウンへ!

【ミヤジマ鍛造可能寸法】

材料径 Φ20〜Φ150
※上記範囲を超える製品でも、鍛造メーカー同志のネットワークで、外注対応させていただきます。
フランジ径 最大Φ300位(位置は先端でも中間でもOK)
長さ 最大3400L
材質 各種構造用鋼(SC、SCM、SNCM等)
SUS・銅・黄銅・アルミ・工具鋼(SKD等)
超合金(ハステロイ、インコネル等)
各種対応可